検索
  • karada326

チアのお子さん前後開脚改善!!(動画あり。)

こんにちは(^^)/


身体リセット整体の山本です。


コロナウイルスがまだいない時の改善ブログになります。



今回のお体改善は

東京在住の

チアをしているお子さんで

前後開脚が上手くできない、

体操教室で教えて貰っても

どうしてもバク転や転回が

上手くできないお悩みでした。


後程改善動画を掲載させて頂きますので

拝見して下さい。

※親御さんの許可も得ております。


このお子さんは

前後開脚の時、

右足を後ろに引く時の前後開脚が特に大変で

前後に足を開いた後も

体が前屈みになったまま、

前屈みから真っ直ぐに起こせない状態でした。


一見、

右の股関節が硬いかのように見える

状態ですが、右股関節を止めていたのは

顎の関節、手首の関節、足首の関節、

頭蓋骨の縫合という

頭蓋骨の骨と骨の隙間の硬さが著名に見られました



ブログでも時々お書きするのですが、

ストレッチをしても

可動域が上がらない場合は

多々あります(;_;)


それはストレッチで

筋肉全体を伸ばそうとしても

関節に硬さがあったり筋肉や筋膜に

点のような強い硬さがある場合は

ストレッチだけでは絶対に緩みません。


ではここで

前後開脚のbefore、afterの動画をご覧下さい。



まずは施術前です。

両方の膝が曲がっており体を真っ直ぐに

起こさない状態ですね、、、。


こちらが施術後になります。




膝が伸びて

とても綺麗に前後の脚を開き

体が起こせるようになったのが

わかりますでしょうか?


今回のお子さんの様なケースでは

股関節を後ろへ引く可動域が足りず、

バク転や転回を

行うには可動域がある方よりも

かなり難易度が高くなってしまいます。



更に可動域が足りないと

プラスで日常のチアや体操で

体への負荷も高くなります。


すると悪循環で

硬い→パフォーマンス落ちる→

練習しても上手くならない→

やる気もあがらない。

という

負の連鎖に落ちいる事もあります。


今回のように一度でここまで

可動域があがると一気にバク転や転回を

しやすくなります。


何故ならバク転の時はここで

足を後ろに引く動作が入るからです。








これがいかないと

怖さもでるのと、

硬さに引っ張られて対空時間は短くなり、

早いタイミングでの着地となります。

更に

綺麗な曲線を描くことも困難になります。


施術を終え、

前後開脚をしているお子さんに

綺麗になったね!!と伝えると

お子さんはニコニコでした(^ ^)


お子さんの笑顔は

本当に素直で真っ直ぐなので

嬉しさがとても伝わりました(^ ^)


この仕事をしていてよかった!っと

心から思いました



練習して上手くなるものと、

ならないものがありますので

チアや体操、運動の動作で

何かお困りの方はまたご相談下さい。


それと、今回、親御さんが

皆さんお困りの方の予約がいっぱいで

症状もないのに

お願いしてもいいんですか?

とお気遣い頂きましたが、

勿論大丈夫です!



このお子さんも今は症状がないだけで、

この硬さでチアや体操を続けていたら

何処かのタイミングで不調は

でるので、早目に防ぐ予防観点からすると

非常に大事になります。


今回わざわざ東京にお住まいの中

僕の治療院を選んで下さり、

他の困っているお子さんにも

是非動画を掲載して下さいと

快く許可を下さった

ご家族様、ご本人様に

感謝の気持ちを忘れず

今後も施術に励みたいと思います。


本日もブログを読んで下さりありがとうございました。


ホームページ

https://www.karadaonline.com/


ご予約はこちら

08044052384

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

チックでお困りのお子さん改善2例!!

こんにちは。 身体リセット整体 山本です。 最近チックのお子さんがとても 増えてきました。 体は電気で動いており電磁波が体内に蓄積すると 脳や神経も誤作動で不随運動がでることがあります。 勿論チックはストレスや愛情不足でもおきます。 (更に複雑な問題のケースもあります。) 一人目のお子さんは チックも色々と原因はあるものの、 頭蓋骨と心臓の弁と胸の骨を 同時に治療して 正常に働かせる事で改善。 こ

夜尿症、アトピー(アレルギー)改善!!

こんにちは(^^)/ 身体リセット整体の山本です。 今回は 夜尿症と腕や背中、付け根等の痒み、アトピー(アレルギー)でお悩みの お子さんが一度の施術で改善した例を お伝えさせて頂きます。 このお子さんは 静電気体質でもあり、 左手首に骨折した事があり、 普段も少し使いにくいとの事でした。 左手の骨折後の硬さと 骨の中を時間かけて治療し、 脳と心臓から 電磁波をとりつつ、 顎の関節を治し 一度の施術